プレ更年期と更年期の違いと対処方法

更年期と言えば、40代後半から50代前半の女性に訪れることは、一般に知られていますが、実はこの更年期に入る前に、体がだるい、肌がカサつく、何故だかわからないけどイライラするなど、更年期の症状と似たようなことが身体に起こってくる時期があります。これは、30代後半から40代前半の身体の変わり目の世代に起こる、プレ更年期の症状です。

ここでは、そのプレ更年期とその後訪れる更年期の時期を、どの様に過ごせば良いのかご紹介したいと思います。
139ce10d273d48fc3359c18de677cfc1_s

プレ更年期の時期の心構えと生活習慣

世間一般では、更年期と聞けばネガティブなイメージを持たれていることが多いのではないでしょうか?ただ、更年期と言っても特別ネガティブになる必要もなく、気持ちを明るくおおらかに過ごせば、何も恐れることは有りません。

そこで、更年期の前に訪れるプレ更年期と言われる時期ですが、こちらも症状は更年期に似たような症状が起こります。例えば、イライラすることが多くなったり、気持ちが落ち込んだり、月経が不順になったりと、これは更年期が早く来たのだと慌てて婦人科に行く人もいますが、それは早急すぎますね。

確かに、プレ更年期が来る頃から、卵巣機能が衰え始めるのですが、まだまだ閉経までにはタップリ時間があります。このプレ更年期を迎える時期は、基礎代謝も落ちて来て、ストレスも溜まりやすい時期でもあります。

ぼちぼち子供の手も離れ、職場復帰をしている女性や、バリバリお仕事している女性、仕事がらみのストレスは溜まる一方ですね。このストレスのため、自律神経のバランスを崩し身体と心が不調になることも多く、こうした不調が女性ホルモンの分泌にも影響し、月経不順や生理痛を引き起こします。

ストレスは、人それぞれどう受け取るかによって変わってきます。ストレスを溜めやすい人は、上手にストレスをかわす工夫をする必要があります。周りの状況に惑わされずに自分の人生をしっかり生きようと言う心構えが必要です。

そして何より大切なのが、食生活です。必要な栄養バランスをきっちりと摂ること、若いころのような食生活をしていると太る一方です。摂取カロリーは守ること、1日3食を規則正しく摂ること、夜遅くの食事は避けましょう。

忙しくて、中々食生活まで気を使えないと言った場合、サプリメントを利用するのも一つの方法です。サプリメントに頼りすぎは危険ですが、上手に利用することをおススメします。

更年期を迎える心構えと症状

さてプレ更年期を経験して、本格的に更年期の時期を迎えることになります。更年期は閉経をはさんだ十年間のことをそう呼び、更年期症状が現れます。人それぞれ、症状や身体や心に影響する度合いは違いますが、多少なりとも更年期の時期はあります。

何故更年期が来るのかと述べますと、女性は50歳を迎えるころに閉経を迎えます。この閉経とは月経が無くなることをさし、併せて妊娠する能力がなくなることを言います。女性ホルモンのエストロゲンは卵巣で作られ、子宮の発育などに大きく関わります。思春期にはこのエストロゲンのレベルが上昇し女性の機能が発達し、規則定期な月経があり妊娠できる準備をします。

何年もの間このエストロゲンの変動が安定し、更年期の頃になるとこのエストロゲンが次第に減少し、閉経を迎えるころには急激に低下します。このエストロゲンは子宮への作用だけでなく、神経や脳、皮膚、血管、骨に至るまで幅広く作用していて、女性の体を守る働きをしてくれています。

更年期の症状には、個人差が大きくて、症状が強く出る人も有れば、ほとんど出ない人もいます。まず月経周期が不順になったり、不規則な出血が有る人もいます。自律神経失調症の状態になり、冷えやのぼせほてりなど、ホットフラッシュと言われる症状が見られます。また精神的にも影響を及ぼし、不眠やイライラ、物忘れなどの症状が出ることも多いです。

こう言った症状で生活に支障をきたす場合を更年期障害と呼び、怖い病気のようなイメージは有りますが、そうではありません。婦人科などを受診し、ホルモン療法や漢方薬の処方などで、苦痛を和らげて元気に生活することができます。

更年期だからと、気分が落ち込み家に閉じこもりがちなると、症状が悪化し身体によくありません。更年期は一時期のもの、過ぎてしまえば何ていう事の無いものです。前向きに明るい毎日を過ごすようにしましょう。

更年期障害を軽減する方法

まず更年期障害の症状が現れたら、まず婦人科を受診することをおススメします。専門の病院に行くと血液ホルモン検査で、更年期であるのかを判断します。

更年期の症状の代表選手でもあるホットフラッシュですが、発汗などを中心とした自律神経失調症で、こちらはホルモン補充療法や自律神経調整薬での治療は効果があります。しかし長くホルモン補充療法を続けた場合、副作用が見られることもあり、副作用が無い漢方薬での治療法も見直されています。

このホルモンに作用する栄養素を摂取するのも効果的で、更年期障害の症状のひとつ、のぼせや冷えを緩和するビタミンEや、ホルモンバランスを整える亜鉛も多く摂取することおススメします。亜鉛は牡蠣やレバーやごまなどに多く含まれています。

そして、女性ホルモンエストロゲンによく似た働きをする大豆イソフラボンは、大いに効果があると言われています。豆腐や納豆、味噌まどを多く摂るように心がけましょう。

ウォーキングや水泳ななど有酸素運動が、更年期障害の緩和に大変効果的で、自律神経に良い影響を与え、呼吸器や循環器になどの内臓の働きを良くします。運動することにより快適な睡眠を得ることもできます。心身のリフレッシュを心がけて更年期を明るく過ごせるようにしましょう。

下半身痩せサプリランキング