不正出血で悩んでいる人ための原因と治療方法

生理が始まる時期でもないのに、出血が見られる場合、大変不安な気持ちになりますね。何故出血しているのか?悪い病気ではないのか?更年期が原因かも?っと色々頭に浮かんで悪い想像ばかりしてしまうことも多いと思います。ここでは、そんな不正出血について詳しくご紹介して、悩みを軽減できるお手伝いをしたいと思います。

a70bd548fae19379adaa0d0a8290db30_s

排卵出血と不正出血

まず排卵出血とは、どういうものなのでしょうか?予定の生理日は、まだ先なのに出血が有った場合、排卵日の前後に起こる排卵出血の場合があります。

排卵出血が起こる原因は2つあります。ひとつは排卵時に卵子が放出されて、卵巣が破れることで起こる出血です。もう一つはホルモンバランスの崩れで起こります。排卵が近づくと卵胞ホルモンの分泌が急激に増えたり、減少したりしますが、その時に子宮内膜が剥がれて出血をします。

排卵出血が見られるのは排卵が起こる1日から2日前で、ちょうど生理と生理の間の期間です。その時期に不正出血が有った場合、排卵出血だと考えてみましょう。排卵出血の症状としては、出血量は少なく、期間も1日程度で長くても3日ほどで止まります。

排卵痛と呼ばれる下腹部痛を伴うことが多く、色は個人差がありますが、黒っぽいものや茶褐色や薄い赤が多く、中には真っ赤な鮮血が有る場合もあり個人差が有ります。排卵出血は毎月有るものではありませんので、頻度も個人個人で違います。

もし、1週間を超えても出血が止まらない場合は、ホルモンのバランスが崩れているか、他の病気の場合も有りますので、速やかに婦人科を受診しましょう。排卵出血自体は異常な出血ではありませんので、安心しても良いですが、観察は必要です。

不正出血と排卵出血の見分け方

排卵出血と不正出血は特徴が似ているので、見分けるのは難しいです。まずは基礎体温を測って体温表を作ってみましょう。出血と排卵日が一致している場合は排卵出血の可能性が高いです。ただし、排卵日と重なって不正出血を起こす場合も有りますので、出血の量や、色、期間などを確認することは大切です。

不正出血の種類

生理日以外の出血が有る場合、まず不正出血を疑ってみる必要が有ります。ただし不正出血には2種類あり、器質性出血と機能性出血です。

機能性出血は、病的な原因ではなく、ホルモンバランスの乱れで起こる出血です。ホルモンバランスの乱れは、思春期や更年期が不安定で多く見られます。また器質性出血は、膣や子宮、卵巣などに何らかの病気があり、その為に起こる出血を言います。

代表的な病気としては、子宮膣びらん、子宮頸がん子宮体がんなどで、少しでも早く婦人科を受診して治療をしなければいけません。

機能性出血のホルモンバランスの崩れは、改善をして治す必要があります。食生活は栄養のバランスを考え、規則正しい食事を心がけるようにしましょう。またウォーキングや散歩など運動を心がけて自律神経を活性化させるようにしましょう。そしてストレスを溜めないように、明るく毎日を過ごせるような環境作りをしましょう。

その他に、更年期の不正出血があります。40代後半ころには、毎月キッチリ来ていた生理が不順になってくるようになります。生理と生理の間が非常に短かったり、長く開いたりとかなり不安定になります。そのため、生理の出血で有るのか不正出血で有るのか見分けるのは難しく、加齢による女性ホルモン減少による不正出血ならば、更年期が影響していると考えられます。

更年期の治療でのホルモン補充療法をしている場合の不正出血は直ちに医師に相談をするようにしましょう。

不正出血から考えられる病気

子宮がんは、子宮にできるガンの総称で、子宮頸がんと子宮体がんがあります。子宮頸がんは40代でなりやすいと言われており、子宮の入り口にできるものを言い、早期に発見すれば比較的治療がしやすいガンです。最近では20代や30代にも多く見られるようになり、早期発見のためにも子宮頸がん検査を受けるようにしましょう。

また子宮体がんは、子宮の内側から発症するガンで、40代後半から50代閉経後が発症しやすいと言われています。子宮がんの原因は女性ホルモンのエストロゲンが影響していると言われていて、エストロゲンの分泌量が多いほど発症しやすいと言われています。

おりものの異常や、不正出血から異常が発見しやすく子宮体がんの場合、初期の段階から出血が見られますので、早期発見がしやすいガンだと言われています。早期の発見で、その後の生存率も良好なガンです。

その他に卵巣がんや子宮筋腫子宮内膜症でも不正出血が起こることが有ります。自覚症状が少ないと言われる卵巣がんで、不正出血が見られるころにはかなり進行していることが多く、定期的な検査を受けることをおススメします。

不正出血には下腹部痛は腰痛など、他に弊害が出る場合も多く、少しでも出血が見られた場合は、早目に婦人科を受診することをおススメします。

下半身痩せサプリランキング