便秘で体臭や口臭がきつくなる!?解消するには

人に対しては敏感だけれど、自分に関しては気づきにくい…それが“ニオイ”です。
特に体臭や口臭は自分にとっては“日常”のもの。
でも、それが便秘によってきつくなることを知っていますか?
もしかしたら、気づかないうちに周りの人に不快な思いをさせているかもしれません。
ここでは、便秘による体臭・口臭の悪化のメカニズムと、その具体的な解消方法をお伝えします。

18bfd24d52ed963f02106a131bb6c39e_s

便秘でひどくなる体臭・口臭のメカニズム

便秘が体臭や口臭にも影響を与えるなんて、意外と思う人もいるかもしれません。
そもそも便秘とは、本来排泄すべき老廃物が体に溜め込まれた状態です。
この老廃物が悪臭のもとになるのです。

なぜ体臭・口臭がきつくなる?

老廃物が長く腸内に留まると、悪玉菌が増加し始め、腐敗・発酵が進んでいきます。
この腐敗した便からは、インドールやスカトールといった有害物質が発生します。
本来なら便と一緒に排出されるはずの有害物質は、行き場をなくしたために
腸の壁から吸収され、血液中に溶け出していきます。
そして、血液とともに全身に有害物質が行きわたってしまうのです。

これらの有害物質のうち、一部は肝臓で解毒されますが、残りは皮膚や呼気などから
排出されます。つまり、皮膚から体外に排出されたものは体臭に、呼気から排出されたものは
口臭になるわけです。
これらのニオイはもともと便の腐敗によって発生したものなので、
便臭に非常に似通った成分となっています。

こんなデメリットも

血流にのって体を巡った有害物質は、肌荒れの原因になることがあります。
肌には肌の老廃物を排出する機能がありますが、便秘によって余計な老廃物がやってくると、
肌の排出機能では間に合わなくなり、老廃物が蓄積してしまうのです。
これが肌荒れを引き起こします。
また、口臭は歯周病などでも起こりますが、便秘による口臭が日常的になってしまうと、
口腔内の異常を発見しづらくなってしまい、歯周病の早期発見ができないこともあります。

便秘による体臭・口臭の解消法

これらのニオイを解消するには、便秘を改善しなければなりません。
では、どうすれば便秘を治すことができるのでしょうか?

ニオイの発生を抑えるには?

便秘によるニオイは、悪玉菌の増加によるものです。
これは、腸内環境の悪化と善玉菌の減少が悪循環となって引き起こされます。
腸内環境が良好になり、善玉菌が増えていくと自然に悪玉菌は減少していき、
体臭や口臭に影響を与えない程度の数になります。
また、便が腸内に滞ると、有害物質が排出できずに腸管から吸収されてしまうので、
便通を良くし、有害物質を速やかに体外へ排出することも大切です。

腸内環境改善と便秘の解消方法

善玉菌が増えれば腸内環境が改善され、便通も良くなります。
まずは、数が減ってしまった善玉菌に元気になってもらいましょう。
それにはエサを与えるのが一番です。
善玉菌のエサとなるのはオリゴ糖、食物繊維、発酵食品中の乳酸菌などです。
特にオリゴ糖は善玉菌のエサになるだけでなく、人が消化できない物質なので
食物繊維のように便通改善の効果もあります。
具体的にはゴボウや海藻、大豆、バナナなどを積極的に摂るようにしましょう。
砂糖の代わりにオリゴ糖を使うのも良い方法です。

また、善玉菌そのものを補給するという方法もあります。
手軽なものはヨーグルトや漬物などの発酵食品や、サプリメントなどに含まれる
乳酸菌やビフィズス菌です。しかし、体外から摂取した善玉菌は、人の腸に
棲み続けてくれる場合はほとんどなく、やがて便と共に排出されてしまいます。

ですが、摂取した善玉菌は腸内に留まっている間に発酵を行い、悪玉菌が
棲みにくい環境を作り出し、腸内環境の改善に役立ってくれます。
乳酸菌やビフィズス菌を摂る場合は、生きて腸までたどり着くタイプのものを
選ぶと良いでしょう。

もし、腸まで生きて届かなくても、菌体自体が善玉菌のエサになりますから、
無駄になることはありません。
こうして善玉菌が増え、腸内環境が改善すると、腸も良い刺激を受け、
蠕動運動が活発になってきます。これによって便秘が解消され、有害物質が
滞りなく排出できるようになるわけです。

便秘にならないコツ

せっかく改善した便秘も、腸内環境が悪化すれば再発する可能性があります。
大切なのは、善玉菌が減らないような食生活を心掛けることです。
私たちの食事は、腸内の善玉菌のエサになります。
ですから、善玉菌が増えやすい食材を毎日のメニューに摂りいれることが、
良い腸内環境を持続させるためには必要なのです。

下半身痩せサプリランキング