意外に多い加齢によるばね指の症状と治療法

指の関節を曲げようとすると引っかかるように指が弾ける症状のこと、一般的にばね指と言います。女性に多いと言われているばね指ですが、ピアノを弾く子供など幅広い年代で発症しやすいのが特徴です。腱鞘炎のひとつであるばね指の症状と治療法をご紹介したいと思います。
dbc08a5d5de2119c8d955c63ca9e5b93_s

ばね指の症状

まずばね指は指にある腱の中で、指を曲げる動作をする時に使用する屈筋腱と言う指関節の可動部分に初期症状が現れます。腱の内部に炎症を発症し、その炎症部分に発生した結節が実際に引っかかり、指がばねのようにピーンっと張る症状を起こします。

個人差が大きく、そのまま痛みなしに過ごす場合もありますし、数年後に強い痛みが出る場合などもあります。親指に発症するケースが多く、朝起きると指が強張るような症状が有り、指を伸ばす動作をすると強い痛みを伴う場合など、寝起きに痛みが強い傾向があるのが特徴です。医学的に正式名称は、狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)と言います。

そのまま放置しておくと、指が伸びたまま曲がらなくなったり、曲がったままの状態に戻らなくなったりします。早期であれば適切な治療で治りますので、指の痛みや異変を感じたら早期に受診することをおススメします。

ばね指の原因

ばね指は、普段から指を酷使している人が発症しやすく、仕事やスポーツなどで指先を動かす動作が多い場合掛かりやすいでしょう。またパソコンやゲームなどを頻繁に使用する人も掛かりやすく、更年期の頃のホルモンのバランスを崩しやすい時期にも掛かりやすいと言われています。

女性にばね指になる人が多い原因は、医学的に明確な解明されていませんが、更年期のよる発症と共に、妊娠初期や産後の女性も掛かりやすことから、女性ホルモンのエストロゲンが大きく関与していることがわかります。

ほっとけば治るかななどと安易に考えていると、日常生活に支障をきたす場合がありますので、何も対処せずに治ることはあまり例を見ないので、適切な治療が必要です。

ばね指の治療法

ばね指で痛みや炎症、発熱などの症状が出たら、直ちに治療する必要があります。まずは指をテーピングなどで固定して安静にすることです。腫れや痛みを緩和させるために薬を処方したり、注射をしたりして痛みを和らげます。

ステロイド剤による注射をしますが、この注射の痛みは大の大人でも悲鳴を上げるほどの痛みで、大変辛い思いをします。しかし、約3回打つことにより痛みは緩和されます。徐々にばね指の症状が緩和されますが、早く完治を望む人には手術をすることをおススメします。

ばね指の手術法に2種類ありますが、一般的には腱鞘切開手術を行います。局所麻酔を行い、直接皮膚を切開し屈筋腱の癒着など正常な状態に戻していきます。日帰り手術で済む簡単な手術ですが、手術後数週間で痛みは驚くほど消えます。

日常生活に支障をきたすようなほど、強い症状であるならば手術をする方が早期に治療できます。近年では、内視鏡手術も徐々に増えてきており、指の関節障害は、再発性が高い為、完全な治療が望まれます。

ばね指の再発防止の為に指に優しい生活をしましょう。

炎症性の病気は、再発の可能性が大変高く、過度な使用によって患部に炎症を起こしやすいと言えます。再発の予防や発症予防には、極力指を使い過ぎないことが大切です。指の関節は、自分で考えるよりも、他の関節と比べてもかなり酷使しています。デスクワークなどをしている人は、特にパソコンの普及により指関節の負担は増加しています。

主婦の場合も日常生活において、家事の時にも指関節の使用は大きいです。もし指に痛みを感じるようであれば、一時的に指を固定し、氷などで冷やして炎症を抑えるようにしましょう。応急処置を小まめに継続することで、再発防止の大切な予防法になります。

日常生活の中で指に負担を掛けないことが良いのかもしれませんが、中々難しいことです。日々のケアがもっとも大切です。指周りをマッサージをし、血行を促し凝りを取るようにしましょう。

回復のためにマッサージをすると効果が有り、一番簡単な方法として、お湯の中でグーパーグーパーと指を動かす運動をしてみましょう。ゆっくり自然に動かすことが大切で、強くもんだり押したりするのは逆効果になります。

もし指が完全に動かない状態まで進行している場合は、この運動がマイナス効果になる場合もありますので、自己判断でのマッサージは止めてく方が良いでしょう。
例えば、周りを支えている腕の筋肉などの疲労を取るなどのマッサージをしておきましょう。

肩こりや首凝りは指先まで広がっていることが多く、肩こりと腕、手首、指先まで密接な関係にあります。指のマッサージと共に肩こりの症状を緩和させることも大切です。肩を回す腕を回すなど、手全体の緊張をほぐすことで、指の負担も軽くなります。軽い体操なども日常生活に取入れて、身体を柔軟にしておくことも大切なことですね。

下半身痩せサプリランキング