持病の片頭痛の正しい知識と上手く付き合う方法

頭痛持ちの女性は、自分自身の見解でこの頭痛は片頭痛だと自覚しています。それは、頭痛持ちの人は思秋期の頃からこの頭痛と付き合ってきた人が多いからです。しかし、頭痛に悩んでいる人は、少しでも頭痛になる回数が減る方法があれば、日常生活がバラ色になるほど嬉しいはずです。それほど、頭痛は憂鬱な悩みのひとつです。ここでは日常生活で頭痛になりにくい方法や、痛みがひどくならないように正しい知識をご紹介したいと思います。
4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

頭痛はなぜ起こるのか?片頭痛とは?

まず、何か原因がある頭痛なのか、片頭痛のために頭が痛いのか、わからないまま過ごしていませんか?日本人の約8%は片頭痛に悩まされていて、男性よりも女性の方が片頭痛悩まされている人が多いと言います。

頻繁に頭痛が起こる場合、自己判断ではなく片頭痛であるのか、また他の病気が原因で頭痛が起こっているのかを専門医で診断してもらうことをおススメします。医療機関で脳波検査やMRI検査で他の脳の病気などが無いかを検査し、改めて片頭痛の治療をして行くことが必要です。

症状としては、片頭痛はこめかみのあたりがズキンズキンと脈打つように痛みます。ひどいときには、吐き気が伴い日常生活が妨げられるほどの強さで痛みます。思春期の頃から発症し、長年片頭痛で悩んでいる人は、重症になるまでに独自の方法で頭痛を押さえる工夫などをして、辛い頭痛と付き合っています。

片頭痛は頭の血管が過度に拡張することにより、腫れや炎症を起こして頭痛となると言われていますが、ストレスなどが引き金になると言われています。また女性の場合女性ホルモンが大きく片頭痛と関わっているとも言われ、思春期から長年悩まされてきた片頭痛が、閉経と共に頭痛が無くなったと言うケースも多く有ります。

片頭痛は本格的に痛む前に予兆があり、これから痛むと言う前に鎮痛剤を飲みひどくならない様対処すると言ったほうほうが有ります。ただこの鎮痛剤も予防薬として、頻繁に飲み続けていると、効果が無くなり副作用が出る場合もあります。

片頭痛の予防と特効薬

定期的に片頭痛が起こると言う人は、日常生活の中で、片頭痛を起こす要因が無いか考えてみましょう。例えば、睡眠不足や疲れ、人ごみに行ったなど、人それぞれ片頭痛が起きる原因があるはずです。また片頭痛が起こった時々で、振り返ってみると、どういう行動をしたときか、どんなものを食べたときかなど、片頭痛が起こる原因が分かってきます。

ストレスを溜めないようにする。規則正しい生活を心がけるなどが予防に効果が有りますが、睡眠不足とは逆に睡眠過多でも片頭痛は起こります。特定の食べ物が誘引の場合があり、例えばチョコレート、チーズ、ワインなどがあげられます。また騒音やまぶしい光が頭痛を起こすきっかけとなることも有り、コンサート会場で頭痛が起こるケースも多いようです。

できるだけ、片頭痛が起こる原因を避けるようにするのも予防のひとつです。しかし生活していく上で避けられないこともあり、医師に片頭痛の予防薬や鎮痛剤を処方してもらうことをおススメします。

片頭痛の予防薬は、基本的に毎日飲む薬が処方されます。症状が軽くなったり頭痛の回数が減ったりと効果が現れます。即効性ではないので、飲みだしてすぐに片頭痛が無くなるわけではありません。効果が現れない人もいますので、2カ月くらい飲み続けることが大切です。

また頭痛が起こってしまい、痛みがひどくなった場合の対処法ですが、出来るだけ部屋を暗くして身体を横にし安静すると良いでしょう。できればそのまま眠ってしまうと、過敏になった脳を鎮痛させて拡張した血管を収縮出来るときもあります。

また人によっては、冷やすと痛みが軽くなる人もいます。保冷パックや冷やしたタオルなどで痛む箇所を冷やしてみましょう。入浴やシャワーなど身体を温めるのは逆効果になりますので、頭痛が治まってからにする方が良いでしょう。

市販に鎮痛剤で痛みを抑えることが出来ない場合は、医師に相談して片頭痛の特効薬とも言えるトリブタン系薬剤を処方してもらいましょう。トリブタン系薬剤の特徴は、市販の鎮痛薬のように頭痛のピーク時に飲んでも効果が期待できないと言うことがなく、ピーク時に服用しても大変効果が期待できます。

吐き気や嘔吐なども軽減しますので、頭痛で寝込むことが無くなります。しかし、このトリブタン系薬剤は医師の処方が無いと手に入れることができません。できれば、頭痛外来や脳神経外科などで片頭痛で有るか問診や検診を受けてから処方してもらいましょう。

頭痛の専門医に相談しましょう。

たかが頭痛くらいで、すぐに痛みが治まるからと市販の鎮痛剤で抑えるなどと言った人も多いはずですが、最近では頭痛外来など頭痛の専門医が増えています。それだけ、頭痛で悩んでいる人が多いと言うことですね。

頭痛の原因や痛み方など、人により違います。偏頭痛だと思っていても、他の病気が引き起こしている場合もあります。また命に別状が有るわけではないけれど、日常生活に支障をきたしているに頭痛で悩んでいる人も多いはずです。是非、専門医に相談して頭痛から解放されることをおススメします。

下半身痩せサプリランキング