背中ニキビがかゆい!原因と治す方法は?

普段は目につきにくい部分ですが、露出の多い季節は背中のケアも気になりますね。
特に背中のニキビは一度できると治りにくく、跡も残りやすいため、女性としては何とかしたいところです。
ここでは、背中ニキビのできる原因とその対策について、生活習慣や食事を中心にお伝えします。

1499bc996b5495612b9ab88bc87b8bfc_s

背中ニキビの原因

目が届きにくい背中は、日頃のケアが難しい部分です。若いときは顔を中心に
できていたニキビも、大人になったら背中にできやすくなった…という人も多く、
大人の女性にとって厄介なニキビです。中にはかゆみや痛みを伴うものもあります。

これが原因!ニキビのもと!?

 一般に、背中のニキビは外的な原因で起こることが多いと言われています。
例えば、

  • 寝汗(特に仰向けで寝る人)
  • 乾燥(冬にできやすい人)
  • 衣類用の洗剤や柔軟剤(種類を変えたらニキビができた、など)
  • シャンプーや洗剤などのすすぎ残し、整髪剤など化学物質の付着

など、習慣や日常的に使うものが刺激となっている場合があるのです。
さらに、肩こりなどで血行が悪い人は背中に老廃物が溜まりやすく、
これが背中ニキビの原因となっている場合もあります。

ニキビ発生のメカニズム

こうした刺激が肌にストレスを与えると、自律神経のうち交感神経が活発になります。
交感神経が優位の状態になると男性ホルモンが過剰に分泌され、皮脂分泌の促進、
角栓の発生などがおこり、毛穴が縮小することになります。

こうなると、内部に多量の皮脂が閉じ込められ、白ニキビとなります。
白ニキビは自然治癒する確率が高いので、清潔にケアしていれば問題ありません。
ところが背中はケアが難しく、ここに人間の皮膚の常在菌であるマラセチア菌が入り込むと、
大量の皮脂を餌にどんどん増殖し、皮脂に含まれる中性脂肪を遊離脂肪酸という
刺激物質に変えてしまいます。こうして毛穴の内部に炎症が生じると、
赤く腫れたニキビへと悪化してしまうのです。

背中ニキビの治し方

かゆみや痛みがあると辛いし、見た目も気になる背中のニキビ。
どうすれば治すことができるでしょうか?

肌のストレスを取り除こう

そもそも原因となった乾燥や汗、化学物質などの刺激がなければ、背中ニキビはできません。
そこで、背中の保湿ケアを行いつつ、刺激を取り除くようにします。
例えば、

  • 汗はこまめに拭き取る
  • 吸湿性のよい下着を身に付ける
  • シャンプーや衣類の洗剤などは十分にすすぐ
  • 髪を洗ってから体を洗うようにする

などです。
特にシャンプーに含まれるシリコンが毛穴の詰まりを促進することがあるので、
ノンシリコンタイプに替えるというのも背中ニキビ改善に繋がります。

食生活から改善

脂肪や糖分の摂り過ぎは、過剰な皮脂の分泌につながり、背中ニキビの原因になります。
ビタミンB群や食物繊維は脂肪への合成を妨げたり、排出したりする作用があるので、
積極的に摂りましょう。特に、食物繊維は便秘の改善にも役立ち、老廃物の排出にも
つながります。ゴボウや海藻類を多めに摂ると良いでしょう。

また、ビタミンCには皮膚の細胞内の酸化還元を促して、新陳代謝を高めてくれます。
いちご、キウイフルーツ、グレーフルーツなどの柑橘類や、ピーマン、さつまいも、
ブロッコリー、パセリなどの野菜をメニューに摂りいれましょう。
ビタミンCは水に溶け出しやすいので、野菜の加熱は茹でるよりも電子レンジがおすすめです。

ボディケア

背中を清潔に保ち、保湿することもニキビケアには大切です。
ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑える作用があるので、ビタミンC誘導体を含有した
化粧水、美容液などでケアすることもニキビの予防、改善に効果的です。

でも、症状がひどい場合は皮膚科を受診しましょう。
背中のニキビには血行を促進させ、老廃物を速やかに排出させることも大切です。
適度な運動を心掛けましょう。運動後の汗のケアも忘れずに行ってくださいね。

下半身痩せサプリランキング