腸内環境を良くすることはどんな効果が期待出来るのか

腸内環境をよくすることで、便秘はもとより感染症予防、ガンを
予防する効果があります。便通がよくなると言うことは、
息まずにすみますし、そうすることによって痔の予防にもなります。

これらのことを実現するには腸内細菌で善玉菌を増やす必要があり、
簡単なところでは納豆を食べたり発酵食品を食べたり、ヨーグルトも
いいでしょう。

これらの食品の中にいる善玉菌は1回摂ったらずっと腸内に
在住する訳ではありません。
そういう訳でできるだけ毎日摂取して頂きたいものです。

また、善玉菌を増やすことで免疫に関係する白血球が鍛えられ、
免疫力が上がり、インフルエンザやノロなどの感染性腸炎、又は細菌などの
感染症に対しても有効です。

人類は過去の経験により、いろんな物を食してきましたがおそらく偶然
生まれた発酵食品にこんな効果があるということは昔の人は予想しな
かったことでしょう。

また、便通がよくなる分、発がん性物質の腸内滞在時間が少なくなり、
大腸ガンの予防にもつながるのは明らかです。
繊維質もいいでしょう。腸の壁にへばりついたかすを掃除していきますので、
根菜類を始め海藻など摂るのも理想です。

ただ、潰瘍性大腸炎の人は繊維質を摂ってはいけません。
大腸が赤く炎症を起こしているところを繊維質でこさいでいくことになり
炎症を更にひどくしてしますことになりますので気をつけましょう。
腸内環境を良くすることで健康で明るい人生を歩むのも夢ではありません。

下半身痩せサプリランキング